忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
音楽とファッションとコスメ大好き管理人のBLOGです。
プロフィール
HN:
年齢:
37
性別:
女性
誕生日:
1979/10/12
職業:
OL兼ファミレス店長代理
趣味:
音楽、ファッション、コスメの収集と研究
自己紹介:
★mixi にも同じ名前で住み着いてます。

現在応援中BAND…
D'ERLANGER、C4(Vox:TOKI ex.Kill=Slayd)、メリー、FLOW、THE SPIN、などなど。

もうないけど今でも好きなBAND…
Die In Cries、CRAZE、Kill=Slayd、D≒SIRE、MASCHERA、Laputa、DIE=ZW3E、ZI:KILL、ロードオブメジャー、Def Tech などなど書ききれない(というかありすぎて思い出せない)

実は洋楽も聴きます…
ドリーム・シアター、ディープ・パープル、オフスプリング、ロクセット など

お笑い…
COWCOW、FUJIWARA、ペナルティ、ライセンス、水玉れっぷう隊、アップダウン、ニブンノゴ!、トータルテンボス、ロバート、ケンドーコバヤシ、などなど

好きな作家(敬称略)…
伊坂幸太郎、道尾秀介、本多孝好、辻仁成、乙一、他多数

好きな芸能人…
最近は専ら三浦春馬に夢中。もう夢中。悶絶。メロメロ。きゅんきゅん。溶けちゃう。

他は、オダギリジョー、堤慎一、伊原剛志、山本裕典、がアツい。


♪参戦予定LIVE♪

9/26 FLOW @横浜BLITZ
9/28 ルミネtheよしもと
9/30 氣志團 @千葉県文化会館
10/17 FLOW @HONDA祭
11/4 FLOW @城西大学
11/8 SUSIE LOVE @渋谷O-Crest
12/3 D'ERLANGER @中野サンプラザ
12/4 劇団四季ライオンキング
12/18 FLOW @横浜赤レンガ倉庫
12/29 メリー @渋谷AX
2011/2/12 シルク・ドゥ・ソレイユKOOZA
2011/5/4 FLOW @Zepp Nagoya
2011/5/15 FLOW @Zepp Tokyo
バーコード
アクセス解析
☆アクセスありがとう☆
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とりあえず、貼っときますかね。

携帯からだと見れないかも。


TOKI、TAKUROら豪華ミュージシャン参加のチャリティCD制作


聴くなら ここ からセルフサービスでどうぞ


ってことで


早速ダウンロードして聴いてきました。





「うわぁ~~~っ。」


て感じだった。

正直、2000年(だっけ)当時のSTEALTHには何も感じるものがなく
「灼熱」もそれほど素敵な楽曲とは思えなかったんですけど

この配信曲を聴いて


あぁ、TAKUROの曲にTOKIさんの声が乗ってる。


って思いました。

もうその言葉のまんまです。
うわぁ、TAKUROの曲をTOKIさんが歌ってる、って。
灼熱を聴いたときはそんな風に思えなかった。

で、聴いてて、歌詞についてはもう何も言うことはないけど
曲としては、うん、I'm just in love だな、って思った(笑)

そして、90年代の、私がまだGLAYをすごく好きだった頃の気持ちが少し蘇ってきた感じもしました。

あの頃は、GLAYが曲を出す度に、楽しみだったし、聴けば納得だったし、どの曲も好きになれたし、歌詞にも感銘を受けて、ほぼ全部の曲が、ほぼ完璧に歌えた。

そんな風にGLAYを好きだったのは、アルバムで言えば「ONE LOVE」までかなぁ。
シングルでは「時の雫」まで。

いつしか何となく心にあまり響かなくなり、聴かなくなっていって
でも、最近のシングル「Precious」は、久々に、あ、良い曲、って思えて

そこに来てこの配信曲。

まあ、あの時代を生きた人たちが作った今回のSTEALTHだから、そう思えるのは当たり前なのかもしれないけど

GLAYが自主レーベルになったっていう影響も大きいのかな。
これぞTAKURO節!っていう感じがすごくしました。

STEALTHどうなんだろうって、正直なところ、過度な期待はしていなかったけど

コンセプトや形式云々は別として
あくまで、いちアーティストの音源として

好きになれるかも、と思いました。


拍手[0回]

PR
もうこのネタだけでやっていこうかと迷走中。

トラックバックテーマ



「ズバリ、歴代最強マンガと言えば!?」





まったくココは、微妙に難しいテーマばっかり出しますよね(笑)

いっぱいある!

マンガやアニメ、詳しくないけど意外と読んでる私!!笑



でもね、最強でしょ?

最強つったらやっぱり私は


スラムダンク かな。


全巻持ってるし(爆)


もちろんTVアニメも観てました。

オープニングがねぇ、当時B-ing系にどっぷりハマってた私の、大好きだったバンド、BAADでねぇ。
この人たち、良い曲書くんですよ。アルバム全部持ってるしねw
スラムダンクの曲しか売れなかったけどさ。

もうね、スラムダンクはね、仙道さんが大好きーっ!!!爆
みっちゃんも好きだけど。
もちろん流川くんも好きだけど。
断然、仙道さんwww



諦めたら、試合終了だよ・・・・・・・・・・・・・



あ、あとはね、もちろん、すごいよ!マサルさん もねwww
初めて、マブダチに借りて読んで、
早く読みたくてガマン出来なくて授業中に読んでたんだけど、
笑いを堪えるのがもう大変で、
後ろの席の友達に「アンタ、肩がピクピクしてたよ」って言われましたよ(笑)


あとこれまた最強と思えるのは、BASARA ね。戦国~じゃないよw
朱里がカッコよすぎる。更紗がかわいすぎる。そして運命が切なすぎる。

もちろんこれも全巻所持してますw
毎回、発売日が楽しみでしょーがなかった。

あとマニアックなところでは、ふくふくふにゃ~ん ね(爆)
ってこれ、誰か知ってる人、いる?笑
これは姉が買ってきたのを読んでから、自分もハマりましたねぇ。

おばあちゃんと、おばあちゃんが飼ってる「ふくふく」って名前のネコのお話なんだけど
ほぼ全体を通してあまりセリフがないというか、おばあちゃんやその周辺の人の言葉だけで
あとはふくふくの動きや声で描かれてるんだけど
日常のネコの様子、かわいいところ、憎たらしいところ、マヌケなところ、そりゃあもう細かく表現されてて、マジで面白い。

これは、ネコ好きな方には是非読んで頂きたい。
なんなら持ってますよwww
しかも、1巻、2巻…ではなく、いろは~になってるとこもオツ(笑)
作者の名前にもちょっとしたヒミツが。



マンガ読んでたのって小中高くらいだから
大人になってからはあまり読んでないし、好きな作家さんの最近の作品とかも知らないけど
やっぱり、マンガも音楽も、ああいう思春期?という時期に観たり聴いたりするから、自分への影響も大きく、記憶も強烈に残ってるんでしょうね。



あとは何だろう?
白鳥麗子でございます とかも大爆笑した記憶があるなぁ(笑)
これも姉が読んでたのを見せてもらったんだけど(笑)

最強つったらやっぱり ガラスの仮面 とかも最強だよねw

どうしてもわたしはフラワーコミック贔屓なので
さいとうちほさんのマンガにも結構影響されましたね。
円舞曲は白いドレスで もう一人のマリオネット なんかは好きで何回も読んだなぁ。


ああ、でも最強っていったら




コボちゃん とかは?爆



書いてたら久々に、↑これ全部読みたくなってきた。

ブックオフで大人買いしよう。そうしよう。

いや、会社の近くのレンタル屋でレンタルしたほうが安上がりかなwww


拍手[1回]

春馬くんが爽やかすぎ(*´д`*)

かわいすぎ(_´Д`)

素敵すぎ(>_<)



はあ~~~~~~



涙出てきた(爆)

拍手[0回]

またしてもトラックバックテーマより

今回は


聴いたら必ず泣ける曲



必ずかぁ。

泣ける曲かぁ。

むずかしい…



やっぱテッパンはコレですよね。

プリンセス・プリンセス『M』

こんなに切ない歌詞はないと思う。



あと私個人的には、意外なところで

GLAY『BELOVED』

これは失恋ソングなわけでも悲しいわけでもなく
どちらかといえばハッピーな内容なんですけどね^^;;

でも、聴いたら絶対泣けるってわけじゃないんだけど、
この曲を聴きながら号泣しながら湾岸道路をかっ飛ばした想い出が蘇るんです。

2番目の彼氏と別れた時ですね(笑)
自分から別れると言ったんだけど、好きだったのに、頑張ったのに、私のことを信用してもらえなかったという悔しさから、もう一緒にはいられないと思って告げた別れで。

この曲は、聴くとPVの映像を思い出すんですけど、その映像がまた当時の自分の心境に強く響くものがあって
尚更、共感できたのかも。


やがて来る、それぞれの交差点を
迷いの中、立ち止まるけど、それでも人はまた歩き出す


私とその彼は、交差点で違う道を選んで進むことになったわけだけど
素敵な想い出を胸に、これからお互い、幸せを掴んでいけたらいいな、なんて思いながら聴いたわけです。



あとこれもまら意外な(?)ところで

倉木麻衣『happy days』

倉木麻衣『Make my day』


泣けるというか、聴いていた当時の自分の心境にピッタリすぎて忘れられない曲、かな(笑)
倉木麻衣ちゃんの曲では、この2曲がダントツで好きな曲です。


拍手[0回]

前回記事の甘酸っぱいキモチ、もう一つの別エピソードを。


そのバイト先のすごく好きだった人と、別にもう1人、いたんです。
これは好きとか恋とかじゃなく、いわゆる「あこがれ」の人って感じだったかな。

年は当時で22~23歳だったかなぁ。
一度その仕事先に就職したんだけど、自分の将来の夢のために、正社員を辞め、留学資金を貯めるために、バイトで戻ってきたんです。
今思えばこの人も、その若さで先のことまでしっかり考えて、且つ行動していて、すごいなって思います。

その人が言うこと、やること、考え方、くれるアドバイス、全てが、優しくて、大人で、正論で、
本当に、すごいなぁ、って思える人でした。

この人とも、私が就職のため店を辞めるのをきっかけに会わなくなったんだけど、
これまた縁あって再会をして。

再会したときにはその人は、夢のためにイタリアで修行中で、たまたま日本に帰ってきてた時に会ったんです。

以来、その人が日本に帰ってくるたびに、ご飯やら遊び行ったりやらして、何年かに1回程度会ってて

数年前に修行を終えて完全に日本に戻り、
いくつかのイタリアンのお店のオープンを手伝ったりしながら

今はやっと、雇われではあるけど、自分の店というものを持って、本当に夢を叶えてしまいました。

私が好きだった人なんかより、本当に大人で、しっかりしてて
未だに、何であっちを好きだったんだろう、なんでこっちを好きにならなかったんだろう、って思うんです(笑)

しかも見た目もそこそこイケメンで(笑)
何よりも声がすごく良くて(笑)低く響く甘い声っていうのかな~
向井理くんや谷原章介みたいな
あの声で「お前さ…」とか言われた時にはま~よくクラクラしたもんです(笑)今でもあの声にはたまにヤラれてます(笑)

この人とも、未だに連絡を取り続けているなんて
やはり、当時の私には想像つかなかっただろうなぁ。




前回記事で書いた、好きな人日記のノート。

パラパラめくって読んでいたら、この憧れの人の名前がたまに出てくるんですね。
この人の名前が出てくるときは決まって、好きな人と何かがあって嫌な思いをしたとか悲しかったとか、そういう時で
そんな時でもいつでもその人は優しく接してくれる、って書いてあるんです。

そんな日記の一節。

私、こんなこと書いてました。


○○さん(好きだった人)は、大きな喜びをいっぱいくれるけど、大きな悲しみもいっぱいくれる人。

△△さん(憧れの人)は、小さな喜びを、たくさんくれる人。


だってさ。

大好きな人といて、感情の山と谷の差が激しくて振り回されるより
小さな喜びをを積み重ねていって緩やかになだらかな山にしてくれる人のほうが、幸せだと
この頃から思っていたのかな(笑)



マセガキめ(爆)


拍手[0回]

ネタがないからトラックバックテーマ


甘酸っぱいキモチ



最初にこのテーマを見て、甘酸っぱい キムチ と読んだのは私だけではないはず。笑

甘酸っぱい気持ちねぇ。



私、高校生の頃に、すごく好きな人がいたんですね。
高2の秋までは地元のヴィジュアル系バンドのスタッフをやっててそれに一生懸命で、
それがなくなって初めてまともにアルバイトを始めて。
お相手はそのバイト先の社員で、年は7つ上。

今の私から見れば24歳の男なんて、若いな~いいな~押し倒したいなー(爆)って感じですけど
当時17歳、18歳の私から見ると24歳、25歳の男性というのはすごく大人でカッコよくて、そして遠い存在で。
どんなに仲良くしていても、私なんて向こうから見たらガキだし、相手にされないだろうと思いながらも

2年近く、片想いしてました。

小学校のときにも中学校のときにも好きな人はいたけど、多分本気の恋、って言ったらこれが最初なんじゃないかなぁ。

事あるごとに喜び、事あるごとに悲しみ、生活や思考の全てがその人次第で。

とくにイケメンなわけでもないし、性格が超いいってわけでもないんだけど
むしろすごくクセのある人で、もう何というか、ザ・B型オトコ!みたいな(笑)
今思えば、私がB型男に翻弄されることになる未来の引き金はここにあったんじゃないかと。笑

ちなみにそのバイト先はみんながみんなでもう24時間下ネタのオンパレード!みたいなとこだったので(笑)
まだピュアだった私が今みたいに汚れていったのは完全にその店で鍛えられたからなのです(笑)

で結局、想いを伝えることがないまま(でもきっとバレてたとは思うけど)
私は高校卒業して就職だったので、そのタイミングでバイトを辞めることになり、会わなくなって

その後5ヶ月くらいで私は彼氏が出来たんだけど、彼氏のことはもちろんちゃんと好きだったけど、心の中にはずっとその人が住み続けてて、
彼氏と付き合い始めて4ヶ月くらいしてやっとその人の存在が私の中で薄くなり、
このままじゃ彼氏にも悪いし、私の心も先に進めない。と思った私は、初めて、メールで気持ちを伝えたんです。

まあ、事後報告みたいな感じなんですけどね(笑)
実は好きだったんです、でも今は彼氏もいて幸せなんで、○○さんも幸せになってね、みたいな。

メールした直後に電話がかかってきたけど、出ませんでした。


縁あってその1年半後に再会し、再び一緒に働くことになり、再会の日の前日までは超気まずかった(笑)
こんなことになるならあんなメールしなきゃよかった!って(笑)

でも変わらずなその人と再会し、特にその話題に触れることもなかったので、あ、忘れてるのかな、と思い
半年後にケンカ別れのような形でまたお互い別の道に進み

そして数年経って、二度目の再会をするんですね。
縁あってまたしても一緒に働くことになり。
でもその再会の時は、そりゃあもう驚いた。

30代前半の年齢になっていたその人は、痩せ体型でガリガリだった過去と比べものにならないくらい、
ぽっちゃり中年太り(笑)そして頭皮がデンジャークルー(爆)
ぶっちゃけ幻滅でした(笑)

でもその時は周りの環境も良くて、楽しく働けたなぁ。
1年半か2年くらい一緒に働き、その人の異動をきっかけにまたサヨナラした。

再会のたびに、昔好きだった気持ちが蘇る、なんてことはまっっったくなかったんだけど
でも、その人は、私が「この人にだけは、幸せになってほしい」と思う人の1人です。

そして今。

異動でいろんなところを転々としているその人と、未だに連絡を取り続けているなんて
18歳当時の私には想像もつかなかっただろうな。

やっとのことでその人は昨年結婚し、間もなく第一子が生まれます。
それ聞いたときは、本当に嬉しかった。
やっと幸せになってくれる。

でも、幸せを案じていたのは私だけじゃなかった。

その人が結婚するずっと前だけど、
私が「早く幸せになって、安心させてください」って言ったら
「あなたも早く幸せになってくれないと、私も安心出来ません」と言われた。
嬉しかったというか、この瞬間に、ものすごく甘酸っぱい感情を覚えましたね(笑)



先日、自分の部屋の机の奥から、とあるノートが出てきました。
何だろう、って思って開いてみたら
17歳、18歳当時の私の、その人日記でした(笑)
今日はこんなことがあった、あんなことがあった、こう思った、嬉しい、悔しい、泣きたい、
もう、純粋な恋心の真っ直ぐな感情がつらつらと綴ってあって
読んでて恥ずかしくなった(笑)その分、羨ましくもなった。

これは捨てられないな。

そして、そのノートにも書いてあった、もう一つ甘酸っぱいエピソードがあるんですが
長くなったのでそれはまた次回^^




そういえば、二度目の再会をして楽しく働いてるときに、
「そういえばさー綾ちゃん○○店(昔一緒に働いてた店)辞めてしばらくして、メールくれたじゃん?」

…覚えてた。ヤツは私の気持ちメールをしっかり覚えていました(笑)

「あん時さー大変だったんだよ!あん時、女といてさ、オレ運転中で、仕事のメールだと思ったから彼女に見てくれっつって見さしたらさ、彼女いきなり怒り出して、何なのコレ!とか言って、ほら、電話かかってこなかった?あれ、説明しても納得しなかった彼女がケンカ売る勢いで電話かけたんだよねー」

…そうだったですか、そうですか(笑)あー出なくてよかった(笑)

みたいな。笑


拍手[0回]

放置しまくりですがそれなりに生きてます(笑)



今日は会社サボ、じゃなくて半休して、子宮がんと乳がんの検診に行ってきました。

会社の同僚がてぃくびコリコリコリータされたって言うからどんなもんかとドキドキしてたんだけど

チチは若めな女の先生で、やたら長い時間、エコーの機械塗り塗りされた。

てかエコーのジェルが温かくてまずびっくり(笑)

んでしかも長い間丁寧~に塗り塗りされるもんだから
軽く気持ち良くなっちゃうっつの(爆)
僕はてぃくび弱いんです(←何の暴露だwww)

てぃくびのとこも丁寧~に塗り塗りしながら画面見てて
たまに機械止めてピコッて写真撮るみたくしてて、何か悪いモンでも発見したのかと軽くビビった(-_-)
てか本当に悪いモンだったらどうしよう(´Д`)

ていうか、チチ、触診なかったよ(´-ω-`)
あれれ?エコーだけ?

でも





子宮の触診があったΣ(゜д゜;)



ちょっと年いった女の先生だったんだけど

指突っ込んで下腹部押しながら内側グリグリ触ってたΣ(゜д゜;)

てゆーか

子宮口広げる器具が超ー痛かった(;_;)

そんなわけで、てぃくびコリコリどころかチチモミモミもされなかったけど、子宮?膣?をグリグリはされた私でした。



結果は2~3週間で郵送。

ま、大丈夫だべ。

拍手[0回]

ぬいぐるみ漁ってたら、こんなの出てきた(爆)


手のりメソってwwwww


背中にはしっかりファスナーが。

開けたらタグ出てきた(爆)



拍手[0回]

この子たちもお嫁に出します。


しかしすげーな。


まだまだこの他にもあります。


ハム太郎やどこでもいっしょのトロ、ポストペットのモモちゃん、コモモちゃん、まだまだあります。


どんだけ取ってたんだ、あたし(笑)


ちなみに一番左上のプーさんはけっこうでかくて、座ってる冗談でも縦40cmくらいあります(笑)



拍手[0回]


「Sound Circle 夏 〜千葉編〜」
2010.8.27 at 千葉 ANGA
 
【出演】SUSIE LOVE・ソウルジャンクションズ・O.S.D.・Lyu:Lyu・UNFAILING



THE SPIN から名前が変わって初めて見に行きました。

18時開演で、18時半に会場に入ると、1組目のUNFAILINGというバンドが終わったところ。
一発目SUSIEじゃなくてよかった~。

2組目、O.S.D.
トークが長い!笑
でも男性ボーカルと女性コーラスのハモりは綺麗で良かったかな。
ボーカルの方の大事なトコがずーっとモッコリしてたのがもう気になって仕方なかった(爆)
そう見えてしまうパンツだったんだろうけど(笑)

3組目、Lyu:Lyu
もう、まんまBUMP~って感じ。曲も声も歌い方も。


さて来ました4組目に SUSIE LOVE
前のバンドが終わったら、スッカスカだったフロアが急に、前方2列くらいが埋まりました(笑)
そんなに、人、どこにいたの?笑

SUSIEは、試聴する限り、超ガールズポップって感じで、どうなるんだろうと気になってたけど
基本的なところは変わらないみたい。

深くんとHIROSHIさんの衣装がポップになってたくらいかな(笑)
深くんはドギツい水色のシャツに、同じ色のスニーカー、それどこで売ってんの?笑
黒いハットなんかも被っちゃって。
HIROSHIさんは、細かい白黒チェックに襟だけ白いシャツ。下はわからん。
MARUちゃんは相変わらずキュートでファンキーでちっちゃくてかわゆい!
レンズのところがでっかいハートの形になってるサングラスをかけて登場。

曲は、まずSUSIE LOVEになってからの新曲を2曲。ノリノリで良い感じ^^

MCで、MARUちゃんが
「なんかさー、千葉、暑いよね!?
今日都内から来たんだけど、こっち来たらなんか暑い気がするんだけど?」
と。

いやいやまるちゃん。
千葉は、東京や埼玉と比べたら、1~2℃低いんですよ^^
と周りの千葉人間もみんな思ってたのか、MCに対する反応が薄かった(爆)

続いて、THE SPINの曲を。
悲しみが終わる日 と ココロの栞

SUSIEになってもSPINの曲、やってくれるみたいです!純粋に嬉しい♪
そしてSUNNY GIRLをやったあと、HPでも試聴できるSUSIEの曲をやりました。

SUNNY GIRLのサビのところでリズムに合わせてネックをブンブン振りながらピョンピョンしてる深くん。
…深くん…(笑)楽しそうで何より(笑)


余談ですが、SUSIEのときずっと、私の隣に2組前のバンドのもっこりボーイがいて、超ノリノリで見てました(笑)
嬉しくなっちゃうね^^

最後のソウルジャンクションズは見ずに出てしまいました。
次のSUSIEのライブでも一緒だからまあ見なくていいかな、と思い。

そしたら、昨日?一昨日?24時間テレビのどっかのコーナーにチラッと出てました。
なにげにそこそこ有名なの?

そんな感じで、千葉の歌舞伎町(笑)にあるライブハウスでのイベントが終了でした。
地元でありながらANGAって初めて行ったけど
綺麗だし照明も良いし、なかなか良い感じでした。
ステージも、高くはないけど低すぎでもなく。
LOOKと比べたら…いやLOOKと比べちゃいけない。あそこはあそこで伝統のある大切な場所。


さて。
11月のSUSIE LOVEも行こうかな^^v

何でもいいから音源出してほしいなぁ。

拍手[2回]

人に影響されやすい私は


道尾秀介って知ってる?


と聞かれただけでもう、即刻ハマり出します。

もちろん道尾秀介さんは知ってましたが、伊坂幸太郎さんと他の作家さんとオムニバスで出した、「蛾蟇倉市事件」と「ストーリー・セラー」で短編を読んだことがあるだけでした。

何かの賞を取った「シャドウ」を読みたいと思いつつも流れて読まないまま、

ここにきて


道尾秀介って知ってる?
つまり
その人は道尾秀介が好き

ならば読まねば!


という単純極まりない考えから、これを購入。


素直に面白かった。

昨日の伊坂氏の新刊と同様、三時間程度で一気読みしてしまった。

伊坂氏とはまた違った読み応えがある。

「シャドウ」買ってこよ(笑)


ちなみに道尾秀介氏は、前回の月9「月の恋人」の原作者です。

キムタク好きじゃないから見てなかったけどね。

でも、ミステリー要素が強い作家が、ラブストーリーをどう書いたのかは気になる。



拍手[0回]

伊坂幸太郎

バイバイ、ブラックバード

半日かからず
しめて三時間くらいで一気読み。

面白かった!

SOS~と比べて、伊坂節も健在、ふとページを戻してしまうこの感覚も健在。

面白かった。


帯裏、そんなら太宰治も読まなきゃだなぁ(苦笑)



拍手[0回]

UFOキャッチャー

1回200円

やった。



1回目で



取っちゃった!!!



やばい。どうしよう。信じらんない。

あたし明日死ぬのかなぁ(爆)



で、景品ゲット者は強制的に写真を撮って飾られてしまうので

エンターキング幸町店に私の写真が飾ってありますwww


ちなみに私の義兄も、他店で一発でディズニーペアチケット取りました。

義兄は更に、Wii、PSP、PS3も取りました。


恐るべし。



拍手[2回]

姉の家の猫様。


ぷりんちゃん。


デブですw


うちのごまたんときょうだいだけど


ごまたん以上にデブです。


かわゆし(*^ω^*)



拍手[0回]

私を知ってる人には

これが一番キョーレツですよねwwwww


この私が初音ミク(爆)


しかも特典付きwww



拍手[1回]

最新コメント
[08/23 文乃]
[08/19 --.--.--もも]
[08/07 --.--.--abもち]
[08/06 -.-.-や]
[05/13 綾→人型ちゃん]
[05/12 人型]
[05/12 綾→がたがったちゃん]
[05/12 ひとがった]
[04/27 綾→女将]
[04/27 女将]
Copyright(c) Dream Express #7691 All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]